子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン適合状況

ベビーシッター対応スタッフが遵守すべきガイドラインについて、SHS の対応状況を示すと共に、保護者の方やスタッフへの届出制度等の周知を行うためのページです。

ガイドラインの遵守状況について

「子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン」への SHS の適合状況について、以下の通りお知らせします。

(1)登録の際の各証明書の提出
(2)複数登録の禁止
(3)相談窓口の設置
(4)トラブル解決のための措置
(5)利用規約
(6)届出制度導入、利用規約、適合状況の周知
(7)個人情報の管理
※ 各項目の適合状況の詳細については「マッチングサイト運営者が遵守すべき事項」に掲載しております。

ガイドラインの紹介

厚生労働省は「子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン」を作成し、平成27年6月3日にこの発表を行いました。このガイドラインは、子どもの預かりサービスのマッチングサイト運営者に対して、この遵守を促すことによって、安全で安心できる保育が行われることを目的としています。

SHS も含めて、保護者と保育者(ベビーシッター対応スタッフ)とのマッチングを行う家事代行やベビーシッターサービスは、この「マッチングサイト運営者」に該当し、ガイドラインを遵守すべき事業者となります。

このガイドラインは、児童福祉の観点からの規制や法令に基づく義務ではありませんが、ベビーシッターのマッチングサービス利用者の方に、より安全で安心してご利用いただくために、事業者には自主的な基準としてガイドラインを守りサービスを運営することが求められています。

平成28年4月1日から、1日に保育する乳幼児の数が5人以下の訪問型の預かりサービスについて、保育者に都道府県知事等への届出義務が課されているため、マッチングサイトの登録の際には、届出の写しや研修修了証、身分証明書等の写しを提出していただく必要があります。

詳細については、以下の厚生労働省サイト、または事業委託サイト内の資料でご確認下さい。

■ 厚生労働省サイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000087719.html

■ ガイドライン適合調査サイト
https://matching-site-guideline.jp/guidelines.html

マッチングサイト運営者が遵守すべき事項

マッチングサイト運営者が遵守すべき事項について、SHS のガイドライン遵守状況の詳細は以下の通りです。

(1)ベビーシッター対応スタッフのマッチングサイトへの登録について

対応するお仕事についてベビーシッター(保育者)を選択された場合は、2016年11月7日より、「身分証明書」の他に「都道府県知事等への届出証明書」「都道府県知事等が定める者の実施する研修を修了したことを証明する書類」の写しを提出していただく必要があります。

2016年11月7日以前に登録されたスタッフも含めて、全ての証明書の写しを提出していただくまでは、システム上で制限を行い、ベビーシッターのお仕事には応募出来ません。

証明書の提出は、会員サイトログイン後の[証明書提出]ボタンをクリックすると、利用規約に再度同意していただいた上で、各証明書のコピー画像をアップロード出来ます。証明書審査中は、ベビーシッターのお仕事に参加出来ません。証明書については SHS サイト管理者がプロフィールも含めて審査を行い、不備が無い場合に承認させていただきます。承認後はメールを送らせていただくと共に、リアルタイムにベビーシッターのお仕事への応募が可能になります。

(2)複数登録の禁止について

SHS の会員アカウントは、1名で1アカウントだけ取得していただけます。

同一人物が複数のアカウントを取得することを、固くお断り致します。
システム上、同一人物が重複登録出来ない対策を取っておりますが、ログのチェックなどで重複登録が判明した場合は、退会の措置を取らせていただきます。

(3)相談窓口の設置について

不満や疑問点が生じた場合には、保護者及びベビーシッター対応スタッフの方からのご相談を承っております。

(4)トラブル解決のための措置について

保護者とベビーシッター対応スタッフとの間でトラブルが生じた場合は、SHS はトラブルの解決のために双方から主張を聞き、トラブル解決に努めさせていただきます。

尚、トラブルの内容に応じて、保育内容等については「利用者支援事業の担当窓口」、契約の問題については「消費生活センター」等の窓口をご案内することがあります。

(5)マッチングサイトの利用規約について

マッチングサイトをご利用いただく当たって、ベビーシッター対応スタッフが遵守すべき内容を、2016年11月16日より定めています。

(6)届出制度の導入、利用規約、ガイドラインの遵守状況の周知について

SHS トップページ、「お仕事スタッフとして登録」の案内ページへの届出制度に関する記載、本ページの新設、及び会員へのメール配信によって周知を行うと共に、ガイドラインの遵守状況を公表しています。

(7)個人情報の管理について

個人情報保護方針に基づいて、適切に管理を行います。